仕入れ原価

経費削減案、仕入れ原価を見直して経費削減を実現する。

商売の基本は、安く仕入れて高く売ることですが、常に物が売れる時代ではなく、
他者との価格競争もあり、厳しい状況がつづいている企業も
少なくないと思います。

ですが、売上ばかりに気を取られていると、
蓋を開ければ思うように利益が上がっていない場合があります。

売上が増加したからといっても、利益が増加するとは限りません。

それはなぜか?

他者との価格競争の中で売上を伸ばすためには、そのための原価がかかっているからです。

仕入れの際の原価が一定か、もしくは減少しているならば、利益も伸びるでしょう。

ですが、そうでないのに無理に売上を上げるために、
販売価格を下げると、思うように利益を確保することはできません。

しかし、他者との価格競争の中では販売価格の引き下げの必要な場合もあります。

このような場合に仕入れ原価を見直すことで経費削減を行い、利益を確保することを
考えなければいけません。

仕入れ上手は、商売上手です。

ですが、仕入れる際に取引先に圧力をかけて仕入れ単価を安くしても、
あまり意味がありません。

どちらが立場が上なのか等の概念は捨て、ビジネスパートナーとしての意識を持って対応すれば、
多少の無理も聞いてくれるようになり、仕入れ先との効率のいい価格交渉が可能になります。